ニードル脱毛 腫れ

MENU

ニードル脱毛 腫れ

結論から言うと、ニードル脱毛は腫れます。しかし、その腫れが引かないわけではないのです。
ニードル脱毛とは、毛穴のひとつひとつに針のような器具を使って電気を流し、ムダ毛の毛根を確実に破壊するという脱毛方法です。昨今非常に増えてきたフラッシュ脱毛よりも以前から確立されている脱毛方法のひとつで、毛穴ひとつひとつ施術していくので時間が掛かるというデメリットはあるものの、毛穴ひとつひとつ施術するからこそ確実に脱毛できる、つまり、永久脱毛と言っても過言ではないという大きなメリットがあります。
ただ、特にフラッシュ脱毛のような痛みを伴わない脱毛方法を経験していると、気絶しそうに痛むのではないか、あまつさえ、信じられないほど腫れるのではないかとデメリット部分ばかりクローズアップしてしまいがちです。
痛みの感じ方には個人差があります。どうしても不安なら、お試しできる脱毛サロンやクリニックで試してみることをおすすめします。もっとも、誰もが我慢できないような痛みでしたらそもそも脱毛方法として確立しませんから、そこまで不安に思う必要はないと言えます。
では、もうひとつのデメリットについてはどうかというと、冒頭に戻ります。すなわち、腫れるが、決してそのままというわけではないということです。
具体的には、毛穴部分が蚊に刺されたかのような見た目になります。そこまでいかずに赤くなるだけというケースもあります。しかし、きちんとアイシングを行うことですっと引くのです。
安い代わりにきちんとしたアイシングを行ってくれないような場所で施術しない限り、アイシングはほぼ間違いなく行われます。アイシングはニードル脱毛に限らずフラッシュ脱毛でも行われることで、言わば、脱毛の施術におけるごく当然のアフターケアです。よって、アイシングしてもらえないのではないかという不安は無用と言えます。が、不安なら脱毛の施術契約を終える前にアフターケアについての確認をサロンなりクリニックにするのが万全です。
痛み等のデメリットを考慮すると、ニードル脱毛はデリケートゾーンの脱毛には向いていない可能性があります。しかしながら、自己処理や何度もサロンないしクリニックに通う手間などを突き詰めていくと、脱毛には確実性が求められます。繰り返しになりますが腫れは必ず引きますので、脱毛に確実性を求めるのであればニードル脱毛を視野に入れないのはもったいない話です。